時を超えてきた舞台に、
時を超えてゆく新たな価値を。

ここは、都市の躍動の中に、歴史の風雅を宿す界隈。
悠久の時の流れに、数多くの価値をふるいにかけ、本物だけを受け継いできた誇りが静かに息づく。

はるかな古代から人々が集い
育んできた高台の地「上町台地」。

大阪の中心部を南北に伸びる市内唯一の高台「上町台地」。
平均標高20m、東西2km、南北13kmに広がる丘陵は、安定した居住地としていにしてから人々が集い暮らしてきました。
また、聖徳太子が建立した四天王寺、かつて首都として繁栄を誇った難波宮、
そして、豊臣秀吉が築いた壮大な大阪城など、上町台地には、千年を超える繁栄の歴史が刻まれています。

要綱の恵みを受け、
文教薫るその中枢に、静謐なる住環境。

上町台地の東縁部にあたる現地界隈は、東に向かって標高を下げながら起伏に富んだ地形を描き、
坂のある小道や石段など、情趣あふれる街並景観を呈しています。
陽光の恵み豊かなこの地は、古代より人々が選び住んだ地として、飛鳥時代の貴重な遺跡も出土。
また、落ち着いた住環境は学びの舞台としても好まれ、上本町エリアには公立や私学の有名校が集積しています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

TOP